食の健康に対して与える影響を遺伝子レベルで研究する分野のことです。
昨今は、食が遺伝子に与える影響、または遺伝体質に食が与える影響などを分子栄養学の発達とともに様々な角度で検証し、その研究成果を基に私たちの生活習慣の改善などに役立てています。

会社概要

昭和55年に設立しました。初めは企業のコンサルティング、情報開発が主な業務でした。
昭和63年より健康産業に参入し以降各種栄養補助食品の開発と販売をしています。
特に、平成四年から宇住晃治医学博士 の主宰するライフサイエンス研究所と松永政司工学・医学博士の主宰する遺伝子栄養学研究所と提携して、 「核酸」を中心とした健康食品の販売をスタートしました。
遺伝子そのものである「核酸」を「生命の素」と位置付けし、その材料を食で補うことの大切さをアピールしています。
また、細胞の働きと密接な繋がりのある「食」や「心」の在り方の生活習慣がいかに大切かを学ぶセミナーを全国各地で主催しています。




電話: 0120-58-0488

営業時間:平日10:00~18:00 土・日・祝 休

住所:大阪市東淀川区東中島1-20-19ヒカリビル1001